今求められる看護師とは 介護施設/看護師専門求人・転職情報サイト【看護師サーチ.com】

採用ご担当者様ログイン 求職者ログイン

HOME > お役立ちコンテンツ > 看護師の職場 > 介護施設

今求められる看護師とは 介護施設

「介護施設」とは、一般的に高齢者を中心とした介護のための施設という意味合いで使われていますが、その内容や規模によっても様々です。介護施設によっても異なりますが、看護師の配置が法律で義務付けられてから、介護施設での看護師のニーズは高まっています。介護福祉士やケアマネージャー、ホームヘルパー、理学療法士や作業療法士など、他の医療・介護スタッフとの連携を図りながら、勤務することになります。介護施設によっては、医師不在のところもあるので、入所者の健康管理について看護師に求められる役割は大きくなります。

介護施設とは

■介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム、特養)

介護保険法では「介護老人福祉施設」と呼ばれ、老人福祉法では「特別養護老人ホーム(特養)」と呼ばれていますが、同じものだと考えられています。この施設は、要介護度1〜5で在宅介護が困難な65歳以上の人が利用でき、介護施設における数も最多となっています。入所者100人に対して介護職員は31人以上、看護師は3人以上という規定になっていますが、非常勤医師でも可能なため医師不在という施設もあります。そのため、入所者の健康管理については、看護師が責任を持って担当しているのが現状です。介護老人福祉施設では、介護職員の数が最も多いのが特徴です。

■介護老人保健施設(従来型老健)

介護老人保健施設は「老健」とも呼ばれ、要介護度1〜5の認定を受けた65歳以上の人のうち、リハビリテーションを必要とする人が入所できる施設です。自立や自宅復帰を目的とした介護施設なので医師が常勤しており、看護師も24時間体制で常勤しています。入所者100人に対して常勤医師1名以上、看護師は10人以上という規定があり、リハビリのための理学療法士や作業療法士も常勤しています。医療法人の運営であることが多く、病院から在宅のための架け橋といった役割を担っています。介護老人保健施設は、介護老人福祉施設と介護療養型医療施設との中間的な位置づけと言えます。

■介護療養型医療施設(療養病床)

「介護療養型医療施設」とは、介護と医療の両方を必要とする要介護度1以上の高齢者が長期療養のために入所する介護施設です。医師3人以上、看護師17人以上、介護職員17人以上が規定で義務付けられています。看護師を含め、医療にかかわる職員は「介護療養型医療施設」が最も手厚くなっているのが特徴です。

■介護療養型老人保健施設(新型老健)

厚生労働省が進めている「転換老健」政策の一環として、2008年に始まった制度です。「介護療養型老人保健施設」の位置づけは、介護老人保健施設と、介護療養型医療施設(介護療養病床)の、中間的な役割としてとらえられています。

介護施設の勤務時間帯

勤務形態や勤務時間については、介護施設によって様々ですが、常勤でも日勤のみの介護施設も多くあります。また、パートや派遣でも勤務も可能な施設も増えています。24時間体制で看護を行っている介護施設では、夜勤もあり交代制のシフトでの勤務がほとんどのようです。

介護施設の一般的な仕事内容

入所者一人ひとりの健康管理が主な仕事です。医師不在の介護施設もあるため、看護師の担う役割は大きくなります。バイタル測定、血糖値測定などの健康管理をはじめ、インシュリン注射、薬の管理、処置全般、介護職員が迷った時の対応についても相談に応じます。また、施設内の衛生管理なども看護師の仕事で、介護職員に向けて助言や指導なども行っています。介護老人保健施設では褥創(床ずれ)の早期発見のため、医師や介護職員との連携を図って対処することも介護施設看護師の重要な役割です。

介護施設では、看護師や医師以外にも介護職員や理学療法し作業療法士、栄養士などいろいろな役割の人材が集まって一つのチームを作って動いています。そのため、高いコミュニケーション能力が求められています。病院勤務では医師からの指示に従って行動することが多いですが、介護施設看護師は、介護職員に指示を出す立場であり、介護職員と看護師との間で仕事の分担が明確にされていない施設が多いのも現状です。

介護施設が必要としている人材像

病院やクリニックでの勤務と違い、最初は戸惑うことも多いかもしれませんが、介護施設での看護師としていちばん必要な人材は、チームワークを大切に考えられる人です。介護施設では、医療や介護に関わる各部門のスタッフと連携して一つのチームとして、入所者をサポートしていきます。
そのため、看護師の仕事以外のことでも進んでカバーやフォローが出来る、積極性や柔軟性も必要です。入所者である高齢者に安心感を与え信頼関係を築くことはもちろんですが、ご家族との綿密なコミュニケーションを取ることも必要不可欠となってきます。

介護施設勤務に向いている人

明るく元気で親しみやすい雰囲気の人

チームワークを大切にできて、思いやりのある人

入所者や家族の目線や立場で考え、行動できる人

自分のスキルを活かして、社会に貢献をしたい人

柔軟性があり、臨機応変な対応ができる人

安定した精神力と体力のある人

介護施設の体験談

夫の転勤を機に、病棟看護師から介護老人保健施設へ転職をしました。老健に勤めて2年目になります。初めの頃は病院勤務との違いに戸惑うことばかりで、介護施設での看護師の役割とは何だろう?と、疑問に感じることも多々ありました。夜勤の時は、100人の入所者に対して看護師は私一人なんてこともザラです。
責任や負担は大きいですが、今までの病棟勤務の経験も生かせる職場にやりがいと感じています。私の場合は、なによりもお年寄りが好きだっていう気持ちが大きいかもしれません。 (介護老人保健施設・30代)

看護師のお仕事を探す
准看護師のお仕事を探す
Pマーク
▲ページトップへ