今求められる看護師とは 病棟/看護師専門求人・転職情報サイト【看護師サーチ.com】

採用ご担当者様ログイン 求職者ログイン

HOME > お役立ちコンテンツ > 看護師の職場 > 病棟

今求められる看護師とは 病棟

一般的に「白衣の天使」として最初に連想される看護師が、病棟看護師です。看護師の働く職場や仕事の内容はさまざまですが、病棟看護師の仕事は24時間体制で、医師による治療の補助や看護、薬剤の管理や身の周りのケアを行っています。
20床以上の病床の入院施設をもつ医療機関を病院といい、看護師の7割以上が病院で働いています。大きな病院には、内科や外科をはじめ、産婦人科、小児科、リハビリテーション科など多くの診療科目あり、診療科目によって病棟看護師の仕事の内容にも違いがあるので、転職の際には希望を伝えることも大切です。

病棟勤務について

病棟看護師の仕事は、医師の治療方針や入院患者の症状について深く理解するとともに、患者本人の性格、また家庭環境や家族関係などに対しても配慮と理解が必要になってきます。病院での生活を余儀なくされた患者にとって、病状や症状など疾患への不安は大きく、生活環境の大きな変化もストレスになってきます。そのような患者が抱く疑問や不安を取り除き、安心して快適な入院生活が送れるように努めることや、患者本人との信頼関係を築いていくのはもちろん、家族の心労や不安を軽く出来るように努めることも病棟看護師の役割でもあります。

常に患者の目線で、それぞれの患者に合わせた最適な治療の補助や看護ケアが出来るように、心がけることが大切です。入院患者の中には、重篤な症状や状態の患者も多く、投薬や大がかりな検査、手術なども日々行われています。そのため、入院患者の病状の変化だけでなく、精神的な変化や心のケアも必要となってきます。そのため、高いコミュニケーション能力が求められる職場であることをきちんと把握しておきましょう。医師や周りの看護師、その他の医療スタッフとのチームワークが不可欠であり、また患者本人や家族とのコミュニケーション能力も求められます。

病棟の勤務時間帯

病院の規模やスタッフの人数、診療科目によっても勤務形態は異なりますが、一般的には2交代制・3交代制に分かれ、シフトに従って勤務することになります。3交代制とは、1日24時間を日勤・準夜勤・深夜勤の3つに分けたもので、2交代制とは、日勤・夜勤の2つに分けたものを指しています。病棟看護師にとって、夜勤は避けて通れない道となっています。

例)
【2交代制】 日勤8:30〜17:00 / 夜勤:16:30〜9:30
(国の方針として、夜勤は月4回までとされています。)
【3交代制】 日勤8:30〜17:00 / 準夜勤:16:30〜1:00 / 深夜勤:0:30〜9:00
(国の方針として、深夜勤は月8回までとされています。)
【日勤のみ】 日勤8:30〜17:00
【夜勤のみ】 夜勤17:00〜9:00
【当直】 長時間勤務(16時間勤務など)をするため、勤務の途中で仮眠を取れる勤務形態のことです。
国の指針では、月8回までとされています。

病棟の一般的な仕事内容

どのような勤務形態であっても、病棟看護師の仕事は申し送りから始まります。夜勤から日勤看護師へ、またはその逆へと申し送りが行われ入院患者の状態や変化について、きちんと引き継いでいきます。

病棟看護師の仕事は、検温や血圧測定にはじまり、注射や点滴、ガーゼの交換などの処置、検査、手術患者の送り出し、食事の準備や介助、身体を拭くことや入浴の介助、その他身の回りの保清なども行います。検温や検査の結果を正確にカルテに記入することも、看護師の重要な仕事です。

血液検査や尿検査も病棟看護師の仕事で、検査内容や時間を把握し検査が行われる場所まで患者を移動させます。必要があれば、事前投薬や剃毛、浣腸なども看護師が行います。医師の指示に従ってスムーズに検査を行うことはもちろんですが、不安を抱える患者の精神的ケアもしなくてはなりません。

患者の就寝後は、病室の見回りをして24時間体制で行われている点滴の管理や、心電図のモニターチェックや呼吸器のチェックなども欠かさずに行います。

病院病棟の一般的な仕事内容

24時間体制で動いている病院病棟勤務の看護師にとって、もっとも大切なことはチームワークです。医師との連携はもちろんのこと、担当が変わってもスムーズな看護やケアができるように、記録や申し送りにミスがあってはなりません。人の話をきちんと聞いて理解することや、自分の考えを伝える力、何より看護師や病院スタッフ同士のコミュニケーション能力も必要とされます。

そして、入院患者本人が安心して快適な入院生活を送れるように、常に患者目線で考え、入院患者の精神的なケアや、家族の相談やフォローをすることも病棟看護師の役割です。そのため、高いコミュニケーション能力と周囲に配慮できる優しさが不可欠になります。

また、どんな状況においても、どの仕事を優先して行わなければいけないのかを瞬時に判断出来る能力や、学び続ける姿勢や高い向上心も求められています。

病棟勤務に向いている人

柔軟性があり臨機応変に対応出来る人

判断力と行動力のある人

気配りが出来、チームワークを大切に出来る人

安定した精神力をもち、体力のある人

気持ちの切り替えが上手に出来る人

向上心が高く、常に勉強する姿勢の持てる人

病棟の体験談

皮膚科病棟に配属されて2年目の看護師です。配属されるまでは、すぐに命に関わりのないところだと思っていたのですが、私の認識が甘かったです。
一般的に床ずれと呼ばれる褥創があちこちに出来る多発褥創や、お年寄りに多い類天泡瘡、熱傷などで亡くなる患者さんもいるからです。
肌も弱く皮膚も荒れているので、経験の多い看護師でもルートを取るのが難しいこともあります。看護師にとって楽な診療科はないですが、皮膚科のようにあまり知られていないところもあるので、就職や転職を考える際には、実際にその病棟勤務の看護師から話が聞けるといいですね。 (20代・皮膚科勤務)

看護師のお仕事を探す
准看護師のお仕事を探す
Pマーク
▲ページトップへ