今求められる看護師とは 病院外来/看護師専門求人・転職情報サイト【看護師サーチ.com】

採用ご担当者様ログイン 求職者ログイン

HOME > お役立ちコンテンツ > 看護師の職場 > 病院外来

今求められる看護師とは 病院外来

日勤だけの勤務枠もあることから、看護師の求人の中でも外来を希望者が多く人気があります。病院外来は、長い待ち時間に比べ診察の時間が短くなってしまうこともあり、患者からのクレームなどにも対応しなければなりません。
そのため、看護師の働く場の中でも、常に時間に追われている忙しい環境であり、体力とともに精神力も鍛えられる場とも言えます。「夜勤がない」というような安易な考えで就職や転職を決めてしまうと、後悔することにもなりかねないので、その点では注意が必要です。

病院外来とは

■一般外来

病院では、看護師の業務を外来と入院(病棟)に分けています。病院外来とは、通院してくる患者に対して診察や処置をするところです。通院で診察に来る患者に対して、短時間で効率よく対応することが求められ、また来院患者が最初にコンタクトを取る人間なので、病院の顔としての役割も担います。病院外来勤務は、専門的な知識以外にもさまざまな情報を持っていることが望ましく、判断力や患者からのクレームに対応出来るコミュニケーションスキルが求められる場でもあります。

■救急外来

救急医療は、入院を必要としない方が対象の「一次救急」、入院・手術を必要とする方が対象の「二次救急」、重症患者、高度専門医療を必要とする方が対象の「三次救急」に分かれていて、医療機関がそれぞれの役割分担に従って診療をしています。救急外来は、病状の急変や突発的な体調の悪化、また事故に遭った患者が多く搬送されてくる場なので、とっさの判断力、観察力、迅速な行動、チームワークが必要とされる環境です。救急外来の業務をこなしながら、患者本人だけでなく、そのご家族のフォローも重要な役割となってきます。

病院外来の勤務時間帯

病院の規模やスタッフの人数、診療科目によっても勤務形態は異なりますが、一般的には2交代制・3交代制に分かれ、シフトに従って勤務することになります。3交代制とは、1日24時間を日勤・準夜勤・深夜勤の3つに分けたもので、2交代制とは、日勤・夜勤の2つに分けたものを指しています。

例)
【2交代制】 日勤:8:30〜17:00 / 夜勤:16:30〜9:30
(国の方針として、夜勤は月4回までとされています。)
【3交代制】 日勤:8:30〜17:00 / 準夜勤:16:30〜1:00 / 深夜勤:0:30〜9:00
(国の方針として、深夜勤は月8回までのされています。)
【日勤のみ】 日勤:8:30〜17:00
【夜勤のみ】 夜勤:17:00〜9:00

病院外来の一般的な仕事内容

■ミーティング

夜間や早朝など時間外の救急患者についての申し送りや、その他細かな業務の調整や報告などが行われます。

■診療準備

患者が快適に診療を受けられるように、診療に必要な記録類、検査結果、診療用具の準備をしておきます。

■外来診療

診療介助、検査介助、処置、採血、注射、採尿、生活指導などを行います。
医師の診療前に患者から直接話を聞くなどして問診票の作成や、検温や血圧の測定が必要な患者への測定業務を行います。また、医師から受けた病気や治療の説明がきちんと理解されているかを確認し、必要があれば補足もします。緊急入院患者をストレッチャーで病棟まで運び、病棟勤務の看護師に申し送りをすることも病院外来看護師の役割です。

病院外来が必要としている人材像

■一般外来

病院に診察に訪れた患者が初めて顔を合わせるのが、病院外来の看護師です。人との関わりが欠かせない仕事であるため、まずは患者の目線に立って考えられる人材が求められています。患者からのクレーム対応なども役割の一つなので、親しみやすい雰囲気を持っていることも大切です。ケースバイケースでの素早い判断力や適格な状況を把握して行動する力が必要とされ、疲れていても前向きになれる強い精神力も求められます。

■緊急外来

緊急外来の看護師には、一般的な外来よりもさらに強い精神力が求められます。生死に関わる状態のケガや病状で搬送される重篤患者の対応や処置にあたることも多く、常に緊張感に包まれながらハードな業務をこなすことになります。
医師の指示だけでなく、チームで連携を図りながら自分で考え行動する能力も要求されます。全科に対する幅広い知識も必要な現場なので、向上心が強く看護師としての経験が豊富な人材が求められています。

病院外来勤務に向いている人

柔軟性があり臨機応変に対応出来る人

気配りが出来、親しみやすい雰囲気をもっている人

安定した精神力をもち、根気がある人

チームワークを大切にできる人

気持ちの切り替えが上手に出来る人

病院外来の体験談

結婚を機に看護師の職から離れて家庭に入ったため、10年のブランクがありましたが、今は総合病院の内科で外来勤務をして2年目になります。まだ小学生の子どもがいるので、週3日のパート看護師として勤務していますが、ようやく職場にも慣れてきました。転職したばかりの頃は、なかなか10年のブランクを埋めることが出来ず、ルートも取れずに先輩や同僚にも迷惑ばかりかけていました。内科の外来は毎日が戦争のようです。

どうしても待ち時間が長くなってしまうため、患者からのクレーム対応にも追われます。自分の体力が衰える中で精神的にも肉体的も大変な職場ですが、私のようにブランクがあってもパートで働ける環境があるのは、とてもありがたいことです。メモを必ずとり、同じことを何度も聞かないように気をつけることから始め、自分なりのマニュアルを作りいつもポケットに入れておきました。そうやって、常に確認しながら業務を進めるようにしていたら、2年目には一人で何とか業務をこなせるようになり、今に至ります。たくさん迷惑もかけた分、これからは恩返ししていければ…と思っています。 (30代・内科勤務)

看護師のお仕事を探す
准看護師のお仕事を探す
Pマーク
▲ページトップへ