看護師の現場 履歴書に添付する写真のポイント/看護師専門求人・転職情報サイト【看護師サーチ.com】

採用ご担当者様ログイン 求職者ログイン

HOME > お役立ちコンテンツ > 看護師の現場 履歴書に添付する写真のポイント

看護師の現場 履歴書に添付する写真のポイント

履歴書に添付する写真のポイント看護師の就職や転職の際には、履歴書が必要です。採用する側は、履歴書に添付した写真から応募者の人柄を判断します。ですので、求人に応募する時はたかが写真とは思わずに、しっかりと就活写真の準備をすることが大切です。

こちらでは、看護師の就職や転職の際に必要な写真のポイントについてご案内致します。

(こちらの情報は2015年2月のものです。今後変更になる場合もございますのでご了承下さい。)

 

看護師の就活写真のポイント

就職や転職の際に必要になるのが、写真です。近年は証明写真機の性能も向上し、以前よりも見栄えの良い写真が撮影出るようになりました。しかし、写真はやはりプロにお任せするのが安心です。就職や転職の際に使う写真は、写真スタジオでカメラマンに撮影してもらいましょう。ワンランク上の仕上がりになります。
採用担当者は、履歴書と写真を見てあなたがどんな人なのかを判断します。
希望の病院や施設で看護師として勤務出来るよう、写真の準備は気を抜かずに行いましょう。

より良い就活写真にするために

就職や転職を成功させるための、より良い写真のコツを挙げてみます。

■服装で真面目さや誠実さをアピール

履歴書に添付する写真は、上半身を写したものです。写真と言うと、顔の表情が重要だと思いがちですが、服装が占める面積は大きく、服装も重要なポイントとなります。
「清潔感のあるスーツを着用し、看護師としての真面目さや誠実さをアピールしましょう。

■表情で人柄を印象付ける

表情はその人の人柄を表すものでもあります。無表情では冷たい印象や、やる気がないように受け取られることもあります。履歴書に添付する写真でにっこりとほほ笑むのはやり過ぎですが、写真撮影のときにはやや口角を上げると良い印象になります。表情は、写真スタジオでカメラマンと相談しながら撮影すると良いでしょう。

■メイクは看護師に相応しいメイクで

看護師の求人に応募する際の写真は、採用する側に自分をアピールする重要なツールです。採用担当者に、看護師として働く意思が感じられる印象を与えることが大切ですから、メイクは看護師に相応しいものにしましょう。
アイラインで目を強調したり、付けまつ毛を付けるのは看護師の業務に必要ありません。
健康的に見えるメイクにしましょう。

■清潔感のある髪型で

看護師は清潔感が大事です。長すぎる髪は不衛生さを感じさせます。求人に応募する際も、勤務する時と同じように、髪をまとめた状態で写真を撮影しましょう。髪色は、病院によっては黒以外でもOKという場合がありますが、就職活動や転職活動をするときは、黒が無難でしょう。

看護師のお仕事を探す
准看護師のお仕事を探す
Pマーク
▲ページトップへ