看護師入門 その他医療関連の資格/看護師専門求人・転職情報サイト【看護師サーチ.com】

採用ご担当者様ログイン 求職者ログイン

HOME > お役立ちコンテンツ > 看護師入門 その他医療関連の資格

看護師入門 その他医療関連の資格

資格という言葉を定義するならば「ある行為を行うために必要、若しくはふさわしいとされる組織内の地位や立場」となります。その従事する仕事に対して、必要な能力を公に認めるものという事も出来ます。
日本ではこの資格を「国家資格」「民間資格」に大別し、その分野の専門性や信頼性、安全性を保持させています。

尚、この国家資格と民間資格の中間にあたる「公的資格」と言うものもあります。主に省庁が認定した審査基準をもとに、民間団体や公益法人が試験を実施する資格ですが、2005年以降はこのカテゴリーに属する資格は国家資格や民間資格に振り分けられ減少傾向にあります。しかし当該分野において一定の能力を測るための基準材料として必要な資格もあることから、公的資格としての性格を残しているものも沢山あります。

国家資格

国家資格は、法律により資格取得者のみに特定の職業に従事を許可する資格です。

■業務独占資格

特定の業務に関して必要な資格保有者のみがその業務を行える事が出来る資格。
弁護士、公認会計士、一級建築士等がこれにあたりますが、医療の分野では「医師」、「歯科医師」、「薬剤師」、「獣医師」がこれにあたります。

■名称独占資格

その資格を取得してなければその名称を使用してはならないと法令で規定されている資格。「介護福祉士」、「社会福祉士」「精神保健福祉士」、「保健師」、「言語聴覚士」、「訪問介護員・ヘルパー」がこれにあたります。

■必置資格

その企業や事業所にて特定の資格保持者を必ず置かなければならないと法律で定められている資格。医療系資格、またはそれに準ずるものは「看護師等確保推進者」、「医薬部外品、化粧品又は医療用具の製造所・輸入販売責任技術者」、「医療用具販売・賃貸管理者」、「医薬部外品、化粧品又は医療用具の製造の国内管理人」など。

民間資格

「民間資格」とは、企業や協会などの民間組織や団体が、独自に作成、審査、認定する資格。
法律上の規定が無いため大変幅広く存在します。国家資格に比べ難易度は下がる傾向ですが、中には有用性が高く、国家資格に匹敵するほどメジャーな資格も存在します。

■臨床心理士

人間の心を扱う専門家として、財団法人日本臨床心理士資格認定協会が実施する民間資格です。心理に関わる肩書きや職業は沢山存在しますが、この臨床心理士は文部科学省が認可する資格で、知名度、取得難易度ともに最も高いものとされています。
臨床心理士は名称独占にあたる資格で、業務独占にあたる精神科医とはアプローチの仕方、治療方法も違ってきます。精神科医は医学的な見地から問題を特定し、症状改善を目的とした薬の処方が出来ますが、臨床心理士はそれが出来ません。心という大変複雑な分野であることから、資格保持者の水準維持目的から、5年毎の更新が必要とされています。

■細胞検査士

採取した検体を顕微鏡で調べ、良性細胞か悪性細胞かを見分け、悪性度や進行度を判定する専門職。日本臨床細胞学会と日本臨床病理学会の認定する「細胞検査士認定試験」に合格する必要があります。

■医療事務

病院や診療所で健康保険点数の算出、レセプト作成、受付窓口、会計、カルテ管理、入退院業務などを行います。
資格の種類は大変多く、医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)や診療情報管理技能認定試験、医事オペレータ技能認定試験、ケアクラーク技能認定試験、医療秘書技能認定試験、調剤報酬請求事務技能認定などがあります。医療事務として働くために必須の資格というのはありませんが、医療に関するある程度の知識、医療保険システムの深い知識が要求されるため、民間資格や技能検定を取得していると有利と言われています。

■医療環境管理士

医療現場の環境整備、医療廃棄物取扱い、微生物学、サニタリーデザイン・設備及び空調、ペストコントロール、清掃技術、感染予防対策などの専門知識・技術等を習得し、環境のインフラを構築・管理する専門職です。

■医薬情報担当者(MR)

製薬会社の医薬品営業職で、取り扱う分野の専門性が高いことからMR資格を持つ事で医療従事者との連携を図っています。
自社の医薬情報を医師や薬剤師に提供し、適正な使用と普及を図り、実際使用された医薬品の効き目や効果的な使い方、安全性情報等を医療現場から収集、企業に報告する役割を担っています。

■カイロプラクティック師

医薬品を利用せず、人間本来の自然治癒力に基づき、筋肉をほぐし、ずれた背骨や骨盤を矯正することで心身に抱える障害を改善、治療する仕事です。
複数の民間団体が独自の試験や資格制度を設けています。

■健康運動指導士

健康づくり、健康維持を目的とした運動プログラム作成や指導にあたる仕事です。
医学的な基礎知識、運動生理学の知識をもって運動不足から生じる肥満、糖尿病、動脈硬化、高血圧、心臓病などの生活習慣病解消を目指します。
資格は養成講座修了後に実施される認定試験に合格したのち、健康運動指導士台帳に登録する必要があり、資格登録は5年間有効で、所定の講習受講により更新が可能です。

看護師のお仕事を探す
准看護師のお仕事を探す
Pマーク
▲ページトップへ