看護師入門 看護師試験について/看護師専門求人・転職情報サイト【看護師サーチ.com】

採用ご担当者様ログイン 求職者ログイン

HOME > お役立ちコンテンツ > 看護師入門 看護師試験について

看護師入門 看護師試験について

看護師になるためには看護師国家試験という厚生労働省管轄の免許が必要になります。
これは保健師助産師看護師法第18条に基づいて行われるものです。

看護師試験受験資格

1. 文部科学大臣の指定した学校教育法に基づく大学(短期大学を除く)で看護師に必要な学科を修め卒業した者。 その他3年以上当該学科を修めた者。

2. 文部科学大臣の指定した学校において3年以上看護師になるのに必要な学科を修めた者。

3. 厚生労働大臣の指定した看護師養成所を卒業した者。

4. 准看護師として免許を取得、その後3年以上業務に従事している准看護師。又は高等学校若しくは中等教育学校を卒業している准看護師で、指定大学、指定学校又は指定養成所において2年以上修業した者。

5. 外国の看護師学校を卒業、又は外国において看護師免許に相当する資格を受けた者で、厚生労働大臣が1〜3までに掲げた者と同等以上の知識及び技能を有すると認めた者。

6. 日本とインドネシアとの経済上の連携に関する協定に基づき、日本語の語学研修及び看護導入研修を受け、且つ研修の終了後、病院において看護師監督の下で国家資格取得を目的とした就労をしている外国人看護師候補者で、厚生労働大臣が1〜3に掲げた者と同等以上の知識及び技能を有すると認めた者。

7. 日本とフィリピンとの経済上の連携に関する協定に基づき、日本語の語学研修及び看護導入研修を受け、且つ研修の終了後、病院において看護師の監督の下で国家資格取得を目的とした就労をしている外国人看護師候補者で、厚生労働大臣が1〜3に掲げた者と同等以上の知識及び技能を有すると認めた者。

8. 経済上の連携に関する日本国とベトナム社会主義共和国との間の協定及び看護師及び介護福祉士の入国及び一時的な滞在に関する日本国政府とベトナム社会主義共和国政府との間の交換公文に基づき、日本語の語学研修及び看護導入研修を受け、かつ、研修の終了後、病院において看護師の監督の下で国家資格取得を目的として就労している外国人看護師候補者で、厚生労働大臣が1〜3に掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認めた者。

9. 過去に6又は7又は8により受験資格を認められた者。

10. 保健婦助産婦看護婦法の一部を改正する法律附則第8項に規定する者。

試験場所

北海道、青森県、宮城県、東京都、愛知県、石川県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄県

2015年度看護師国家試験の試験科目は「人体の構造と機能」「疾病の成り立ちと回復の促進」「健康支援と社会保障制度」「基礎看護学」「成人看護学」「老年看護学」「小児看護学」「母性看護学」「精神看護学」「住宅看護論及び看護の統合と実践」の10科目

試験に必要な書類

受験願書

写真

返信用封筒

前項1〜3及び9〜10に該当する者は、「修業証明書」又は「修業判定証明書(3年以上看護師になるのに必要な学科を修めたとことを証する書面)」若しくは「修業見込証明書」、又は「卒業判定証明書(指定養成所の卒業証明書又は卒業出来ると判定されたことを証する書面)」若しくは「卒業見込証明書」。

前項4に該当する者は、指定大学、指定学校の「修業証明書」又は「修業判定証明書(2年以上修業したと判定されたことを証する書面)」、若しくは「修業見込証明書」、又は「卒業判定証明書(指定養成所の卒業証明書又は卒業出来ると判定されたことを証する書面)」、若しくは「卒業見込証明書」。更に准看護師免許証の写し。

前項5に該当する者は、看護師国家試験受験資格認定書の写し。

前項6〜9に該当する者は、看護師国家試験受験資格認定書の写し。看護師国家試験受験資格認定見込書の写し。

試験日・合格発表日

試験日:例年2月下旬の日曜日 受験手数料:5,400円 合格発表日:例年3月下旬

試験科目(2015年度)

  • 人体の構造と機能
  • 老年看護学
  • 疾病の成り立ちと回復の促進
  • 小児看護学
  • 健康支援と社会保障制度
  • 母性看護学
  • 基礎看護学
  • 精神看護学
  • 成人看護学
  • 住宅看護論及び看護の統合と実践

試験傾向とその目的

一般的に、看護師国家試験の合格率は高いと言われています。
しかし、そもそも看護師国家試験を受験出来る資格として、国が定めた「看護養成機関」での一定の履修期間、習得基礎要項、又は一定期間の業務従事者としその範囲を厳しく規定されています。ですから、看護師国家試験に際する人は、それ相当の知識とスキルを持って受験していることになり、必然的に全体の合格率が高いという数字が出ている結果であり、決して試験そのものは難易度の低いものではないということが言えます。

このようないわば「二重の篩」により選ばれた者だけが通過できる看護師国家資格となるのです。
医療という責任ある職務に従事するにあたり、看護師一人一人がその職務にふさわしい能力を有する必要があり、厳しくハードルを設けることで、国全体の医療水準を維持する目的があるのです。

また、ここ最近の少子高齢化という問題は、医療現場へダイレクトに影響し、同時に高度化する医療の進歩は必然的に医療に従事する関係者全てに専門性を高めている現状にあります。これらの変化は、医療現場の待遇の悪さへと繋がり、看護師不足という問題を引き起こした原因ではありますが、対策として医療の分業化、資格の多角化等により解消を目指し、働きやすい環境を整える病院も増えてきています。看護師という職業は、一度資格を保有すれば自分のライフスタイルに合わせて再就職もしやすい分野です。長い目で見て、安定と将来性が見込める職業であり、受験者数は年々増加傾向にあります。
一回で合格出来なくても、焦らずじっくり知識を身に付け、過去問、教材、予備校なども上手に利用して合格を目指しましょう。

看護師のお仕事を探す
准看護師のお仕事を探す
Pマーク
▲ページトップへ