看護師入門 看護師とは/看護師専門求人・転職情報サイト【看護師サーチ.com】

採用ご担当者様ログイン 求職者ログイン

HOME > お役立ちコンテンツ > 看護師入門 看護師とは

看護師入門 看護師とは

看護師とは、医療や保健、福祉の現場などにおいて医師の指示の下、診療を補助したり、患者の入院生活のサポートを行ったり、疾病予防、健康維持増進の教育を行ったりする医療従事者を指します。具体的な業務内容としては、問診、各種検査とその説明、点滴や採血、投薬管理、食事・排泄介助、配膳下膳、検温・血圧・脈拍測定、患者の移送と体位交換、入浴・沐浴補助、新生児の世話、夜間巡回など多岐に渡ります。看護師の業務は大変幅広く、求められるものも多岐に渡るため、高い志が必要となる職業なのです。

患者にとって看護師はまさに医療現場における白衣の天使です。病棟の雰囲気作りに大きく影響してくる重要な立場と言えます。実際直接的に患者と接する時間も長く、医療行為そのもののサポートもさることながら、患者やその家族へのメンタルサポートという点も大変重要な役割を担っていることから、少子高齢化、高度医療時代の今の社会においては特にそのニーズの高まりは加速する一方となっています。

看護師になるには

さて、この看護師という職業は、多くの国が看護業務に従事する為には専門機関や大学で養成課程を経て国家試験等の資格試験に合格する必要があるとされています。 日本でも「保健師助産師看護師法」という法律があり、厚生労働大臣の免許の下、看護師業務を行うとされています。高校の看護科や、看護専門学校、最近ではさらなる医療向上に対応すべく4年生大学での養成教育も増えており、そう言った専門機関卒業後に国家試験に合格する必要があります。

看護に関する国家資格

一般に看護師というとこのような国家資格を有する正看護師を指しますが、他にも「准看護師」「認定看護師」「専門看護師」などが挙げられます。

■准看護師

准看護師は各都道府県が実施する准看護師試験に合格する必要があり、各都道府県知事の免許を有し看護業務を行います。仕事内容はさほど正看護師と変わらないものの、細かいところで医師や看護師の指示が無ければ行えない業務内容になっています。

■認定護師

認定看護師は毎年実施される日本看護協会の試験において、審査に合格し、認定看護師として登録されれば認定証等が交付されます。また、特定看護分野で実績とその経験時間の条件をクリアした人が認定されます。熟練した知識と技術が必要になるため、患者やその家族のケアのみならず、看護職員の相談役や指導にもあたることが可能です。認定証の有効期間は交付日から5年。更新を義務付けることで認定看護師の質を維持しています。

■専門看護師

専門看護師とは、医療技術の進歩や専門化に対応すべく1996年に認定されたものです。看護系大学院修士課程修了と、定められる実務経験等条件をクリアした人が対象となり、日本看護協会の専門看護師認定試験に合格する必要があります。ある特定の専門分野において卓越した看護実践能力を持つ看護師に与えられる職名で、より困難で複雑な健康問題を抱えた人、家族などに対して高い知識と技術の看護を提供するための専門職となります。専門看護師も同じく、その質を保持するために認定期間は5年。更新審査が必要になります。

上記の様に看護師という職業は、時代とニーズに合った細分化と対応が求められており、今後も時代に応じた看護のあり方が問われると予想されます。

常に需要ある看護職

看護師という職業は人のため、社会のために働くという意味で大変やりがいを感じる仕事となります。 また、不景気の世の中であっても安定して需要の求められる仕事と言えます。 しかし現実は国や地方の定める看護師免許取得者数に対して、実際医療現場に就職する数が少ないという現実があります。これは看護師という仕事が免許制であることや、医療技術の進歩に伴う業務の複雑化、少子高齢化による患者数増大などの背景から、就職を躊躇する人が増えている傾向の為です。

このような対応策としても、最近では資格を持たない一般の人でも看護の現場に介入できる看護助手などといった分野が注目され、看護師の負担を軽く出来るような対策がとられています。ただし、看護師の補助的な役割で、患者への介助範囲が定められていることから、こちらもヘルパー資格などで幅を広げる対策が必要で、どこまでを資格なしで任せられるかが今後の課題となっています。

少し前までは「看護婦」という言葉が一般的で、実際2002年3月まで日本の法律で女性を「看護婦」、男性を「看護士」として区別してきました。しかし法律の題名を「保健婦助産婦看護婦法」から「保健師助産師看護師法」への改正に合わせて男女の区別なく「看護師」または「准看護師」として統一されることになったのです。看護という分野全体においての男女比率で見るとまだまだ女性中心の職業だと言えますが、事実、時代の変化に合わせて男性看護師も増加してきており、男性看護師を募集する病院も増えてきました。看護業務はとても体力を要する場面が多いことから、男性看護師への期待と重要性が高まっているのです。安定的な需要と将来性の高さもあって、男性看護師の増加はこれからもますます強まる傾向です。女性看護師のきめ細やかなケアと男性看護師の力作業のバランスが今後も求められるでしょう。

看護師のお仕事を探す
准看護師のお仕事を探す
Pマーク
▲ページトップへ