看護用語集 カ行/看護師専門求人・転職情報サイト【看護師サーチ.com】

採用ご担当者様ログイン 求職者ログイン

HOME > お役立ちコンテンツ > 看護用語集 カ行

看護用語集 カ行

傾眠(けいみん) 意識障害で周りからの強い刺激があれば覚醒しますが、放っておくと元に戻り、意識が混濁する状態を言います。
ガストロチューブ 胃管の事を言います。他にもST(ストマックチューブ・英語)やマーゲンゾンデ(ドイツ語)などと呼ばれることもあります。
ガストログラフィン(Gastrografin) 消化管用造影剤商品名でガスクラとも言います。ヨード造影剤で消化管穿孔が疑われるときに使われます。ガストログラフィンを用いた注腸造影検査は安全で有用なので特に高齢者には優先的に行う検査の選択肢の1つになると言えます。
カーデックス 看護現場で使われる記録類の事を言います。主に病棟で使います。患者の治療内容や処置の情報が一覧できる様に患者ごとに記録用紙をまとめて、病棟の患者全員分の用紙を専用ファイルにはさんだもので看護師間で情報伝達の手段とされています。
カテーテルチップシリンジ 先が円錐形になっている注射器の一種です。栄養チューブなどに接続して栄養剤や薬剤などを注入したり、胃液などを吸引したりする時に使用します。
カニューレ(カニューラ) チューブ類の一つです。 医療機関や医療従事者、取り扱うメーカーなどによって呼び方の違いはあります。カテーテルやカニューレは医療用チューブの総称として呼ばれています。チューブは医療機関以外でもよく耳にする言葉です。言葉は違いますが意味は同じです。中が空洞になっている管の事です。

気管切開(きかんせっかい) 喉頭浮腫などにより気管内挿管が行えない場合や、長期の呼吸管理が必要な場合等に直接喉を切開して気管にカニューレを挿入し気道を確保する方法の事を言います。
起座呼吸(きざこきゅう) 坐った状態で呼吸をすることです。上体を起こさないと呼吸が困難な時に取る姿勢です。主には気管支喘息や心臓疾患などにとる姿勢です。
季肋部 (きろくぶ) 肋骨に近い部分を指します。
局所(局部)麻酔 意識消失をする事なく、部分的に行われる麻酔の事です。皮膚表面の局麻では基本的にはキシロカイン等の薬剤がよく用いられます。
筋肉注射 筋肉中に垂直に深く打ち、薬液を注入することです。吸収の悪い脂溶性物質の注入などに適用され、一般に皮下注射より有効成分の吸収は早いのが特徴です。静脈注射は即効性がありますが、筋肉注射はもう少し持続性があった方が良い時に使われます。

クベース フランス語で保育器の事を言います。新生児では体温の低下を防ぐ為にクベースに入れたまま撮影することもあります。
クランケ ドイツ語で患者さんの意味です。
クリーンベンチ 無菌調剤室の事を言います。周囲からの微生物の混入を避けるため、作業を行う机の上のようなスペースの周囲に壁と天井を設けた、箱のような構造をしています。高カロリー輸液などの調剤を実施するときには、感染防止の為に無菌室などで調剤することが理想です。
クリニカルパス 主に入院時に患者さんに手渡される病気を治す時に必要な治療や検査などが記載された診療スケジュール表のことです。患者さんにとってはその日どんな検査があるか、いつどんな手術をするのか、また退院の予定などが明確に分かるので、入院生活の不安を少しでも解消出来るスケジュール表となっています。

ケアミックス型病院 異なる医療体制を併せもつ病院の事を言います。一般病床と療養型病床の両方を有する病院の通称となっています。
ゲージ(gauge) 注射針の太さを表す単位です。数字が大きくなるほど注射針の太さは細くなります。
経管栄養法(けいかんえいようほう) 食事が困難になった時に、鼻や腹部から胃に管を入れ栄養を取り入れる方法を言います。
経口摂取(けいこうせっしゅ) 口から食べ物や飲み物、薬などを摂取する事を言います。
経腸栄養剤(けいちょうえいようざい) 腸から消化吸収される栄養剤のことを言います。主に経鼻カテーテル、胃瘻チューブ、空腸瘻チューブなどから注入されます。
経皮(けいひ) 皮膚を通してという意味です。
経鼻栄養法(けいびえいようほう) 胃や十二指腸の中まで挿入した管から、流動食や水分などを注入し栄養を補給する方法です。

抗原(こうげん) 吐き気を催す意味です。
抗体(こうたい) 抗原と特異的に反応する免疫グロブリンの総称です。グロブリンとは2種類の血漿タンパクのうちの1つで、もう1つはアルブミンす。
誤嚥(ごえん) 食べ物が食道を通り、胃へ入っていくのが誤って気管に入ってしまう事を言います。加齢や意識障害や麻痺、機能低下などがある方の場合は、物を飲み込む反応や喉の奥を刺激すると吐こうとする反応などが鈍くなり誤嚥しやすくなります。
コラテラル(collateral) 何らかの原因で血流が妨げられた部位において、血流を先へ流そうと確保して出来たバイパス路のこと。側副血行路とも言います。
コンタミ 汚染(contaminationの略)混入を意味する略語です。不純物が混ざりこんで汚染されてしまった時に「コンタミする」などと使います。
看護師のお仕事を探す
准看護師のお仕事を探す
Pマーク
▲ページトップへ