転職について 子育て中の看護師の再就職/看護師専門求人・転職情報サイト【看護師サーチ.com】

採用ご担当者様ログイン 求職者ログイン

HOME > お役立ちコンテンツ > 転職について 子育て中の看護師の再就職

転職について 子育て中の看護師の再就職

子育て中の看護師の再就職結婚や出産を機に退職をした看護師の中には、また看護師として働きたいと考えている方もいるでしょう。
しかし、子育て中の勤務は大変なことも多く、なかなか再就職に踏み出せないというケースも多いです。
さらに、ブランクがあることで看護師としての再就職に不安がある方も少なくありません。 現代は、子育て中の看護師でも働きやすい環境になってきています。こちらでは子育て中の看護師が再就職の際にチェックしておきたいことをいくつかご紹介致します。

(こちらの情報は2015年5月のものです。今後変更になる場合もございますのでご了承下さい。)

 

より良い職務経歴書にするために

■院内託児所

子育て中の看護師の場合、勤務中に子供を預かってもらえる院内託児所がある病院だと安心です。病院側が延長保育などの費用を負担してくれる場合もあるので、コストの面でもメリットがあると言えます。
一般的な保育所に子供を預けた場合、保育所までの送り迎えだけで時間もかかってしまいますが、院内託児所なら送迎もスムーズです。
一般的な保育所に預けるのであれば、配偶者や両親などのサポートを受けられる環境にある保育所を選びましょう。子供が急に熱を出した時などに、すぐに保育所に迎えに行くことが出来る方がいると安心です。

■勤務時間の優遇

仕事に就いてしまうと、責任感から勤務時間を忘れて仕事に打ち込んでしまう看護師の方も多くいらっしゃいます。しかし、子育て中であると、子供の急な病気や幼稚園や学校行事など、急な勤務時間の変更が必要になる場合も多くなります。
また、家族で過ごす時間や家事など、家の中の気がかりが多いのも主婦であり、母である看護師の方の悩みです。
そのような気がかりを少しでも軽減してくれるのが勤務時間の優遇です。
自分のライフスタイルに合わせた勤務時間が決められるところでの勤務が望ましいです。

■ブランクに対するフォロー

結婚や出産を機に看護師としての職を一度退職し、再び看護師として働きたいと考えている方は、就職先がブランクに対するフォローをしてくれるかどうかも重要なポイントです。
医療の進歩は目覚ましく、職場環境もどんどん変わっていきます。その変化に早く馴染めるようにならなければ、再就職も上手くいきません。
もしも、ブランクがあることが原因で再就職が困難な時でも、ブランクの期間を偽ってはいけません。就職後に不利になるのは自分です。
ブランクがあってもフォローをしっかりとしてくれる病院もあります。面接のときに相談して、早く馴染めるところを選びましょう。

看護師の仕事と子育ての両立のポイント

看護師の仕事と子育ての両立のポイント現代は子育て中の看護師も働きやすい環境が整って来ており、看護師の仕事も子育ても両立しやすくなっています。働き方を選び、自分のライフスタイルを大切にしながら、両立して行きましょう。
家事や育児をこなしながら看護師の仕事もこなすことが出来れば、それが自信にも繋がります。

看護師のお仕事を探す
准看護師のお仕事を探す
Pマーク
▲ページトップへ